人気アニメ・漫画の考察やランキングまとめ

ベイビーステップ378話あらすじ・ストーリー紹介【栄一郎の反撃開始?】  

      2016/10/24

スポンサーリンク

~週間少年マガジン最新刊~
「ベイビーステップ」最新話の378話あらすじ・ストーリー紹介を書いています☆

 

慣れないアウェイでアルバーに洗礼を受ける栄一郎。

コートが傾いていることに気づくも、戦局は相変わらずの劣勢。

栄一郎は勝つことができるのか?

 

ベイビーステップ378話あらすじ・ストーリー紹介

コートが傾いているか確かめるべく地面にそっとボールを置いてみる栄一郎

するとボールが転がっていく

栄一郎(や・・・やっぱり・・・!
このコート傾いてる!こんなの日本じゃ絶対あり得ない!)

アルバー「ヘイ!」

サーブ位置につく栄一郎

(試合規定の範囲内ではあるんだろうけど・・・

やや傾いてると考えれば・・・

風だけじゃ説明がつかなかった違和感も理解できる

こっちの風下からは逆風で坂上に向かって打つから球は予想以上にスローダウンして跳ねるんだ・・・)

そして・・・風上からはその跳ねた球を上からフラットで狙ってくるんだから・・・)

アルバー(まさか・・・もう気付いたのか?)

サーブを打つ栄一郎(ここはなるべく跳ねないスライスサーブで・・・!)

リターンするアルバー(この対応・・・やっぱり・・・たった3ゲームで気付いたんだ

でも運が悪かったな・・・今気付いても現状風上でパワーも上の俺が圧倒的有利!)

フラットの強打が決まり0ー15

ここでアルバーは更に強風を活かし強打を連発

慣れない逆風の不利もあり、栄一郎はキープを逃す

その後、ミスを重ねながらも 風に対し徐々にショットを調整したもののこのゲームもアルバーの風上からのサーブに力でねじ伏せられた

アルバー「Yes!」

ゲームカウントはアルバー5ー0栄一郎

コートチェンジして栄一郎のサーブゲーム

栄一郎(でも今度はこっちが風上・・・)

ワイドへサーブを打つ栄一郎、リターンするアルバー

栄一郎(風と傾斜を利用して・・・高めを逃さずアウトに気をつけて・・・フラット系でコントロール!)

栄一郎の風に乗ったフラットが決まる

栄一郎「よしっ!!」

栄一郎は風上のゲームでようやくこの試合初めて1ゲームを奪う

そして次の風上からのリターンゲームに初めてのブレイクを懸けて臨んだが

慣れない風上からの攻撃に対し、徹底的に粘られブレイクには至らず

試合開始35分で早々にファーストセットを落とす

スポンサーリンク

栄一郎(やられた・・・風にはだいぶ慣れてきたけど相手はこの風を使うスペシャリスト

でも攻め方は単調だし風上ならキープは勿論、ブレイクだってできるはず!そして風下でもしっかりキープすればいける!

ここから絶対巻き返す!そろそろ自分のテニスに持ち込むんだ・・・!)

アルバー(この対応力・・・普通じゃないぞ)

セカンドセットは風下から栄一郎のサーブで始まる

栄一郎(威力が落ちる風下からのゲームをキープするには戦略が大事・・・アウェイの不利は戦略で補う・・・

風上から高い打点で打たせないように・・・弾まない球でコースを突く!)

ワイドでスライスサーブを打つ栄一郎

リターンするアルバー

栄一郎(低い球を走らせて打たせれば強打もない 次は外に逃げるアングルショットで・・・コントロール!)

アルバー
「チッ」

走ってなんとか届いて返したアルバーだったが

栄一郎(よし!これで完全に有利!!)

アルバー「アウト!」

~次ページへ続く~

1 2

 - Baby steps