人気アニメ・漫画の考察やランキングまとめ

ハイキュー187話あらすじ・ストーリー紹介【烏野vs白鳥沢クライマックスへ!】  

      2016/10/25

 

スポンサーリンク

ハイキューイケメンキャラランキングはこちら
ハイキュー「小さな巨人」正体の考察はこちら

~週間少年ジャンプ最新刊~
「 ハイキュー」最新話の187話のあらすじ・ストーリー紹介を書いています☆

 

白熱する試合!

そろそろ決着がつきそうな感じになってきました。

勝利の女神はどちらに微笑むのでしょうか。

 

ハイキュー187話あらすじ・ストーリー紹介

アタックを決める田中。

田中
「・・・!・・・シャアッ!」

決めた田中はヨロける。

再び烏野がマッチポイント。

山口
「よしっ・・・!よしっ・・・!」

菅原
「頼む 踏ん張ってくれ・・・!」

次のサーブは田中 大平がレシーブ。

ボールをよく見る日向。

白布のトスはレフトの五色へ。

日向はすぐさま反応して追うも足にきて跳べず 五色がアタックを決めます。

五色
「ラアアアア!!」

デュース。

モミアゲのおっさん
「・・・!!」

観客
「10番ももう足が限界なんだ」

両太ももを叩く日向。

日向
「このやろぉおお」

田中
「許してやれ日向!」

白鳥沢コーチ
「烏野はもう気力だけで動いているようなもの ブレイクのチャンスだ・・・!」

次のサーブは白布。

白布
「行くぞ!!」

白布のサーブはネット白帯に当たり烏野コートへ。

鷲匠監督
(喉から手が出る程欲しい連続得点
それを手に入れる瞬間は必ずしも劇的では無い)

澤村
(・・・わかってる
そこに落ちるってわかってんのに
足が動かない)

西谷が飛び込んで拾う。

澤村
「西谷っ・・・!」

しかし西谷が拾ったボールは白鳥沢コートへと向かう。

ダイレクトで打とうとしている五色。

目をつぶる谷地と田中姉。

五色のダイレクトアタックをレシーブしたのは西谷。

一同
「!?」

菅原と縁下
「にっ 西谷ぁあああ!!」

影山のトスを東峰が決める。

ホッとする烏養と武田。

烏野マッチポイント。

澤村
「サンキュー西谷・・・!」

西谷
「烏野には俺有りっスから!

でも俺にもできない事がある だから無理を承知で言います
太ももがはち切れようとも空中戦は頼みます」

スポンサーリンク

澤村・東峰・田中
「おおよ!!」

日向
「ハイ!!」

烏養
(最早・・・選手交替の手も尽きた
でも今セッターが後衛で前衛の攻撃3枚
後ろには日向の超高速バックアタックを含めた攻撃2枚
100%超攻撃型ローテ

もしも攻撃のチャンスが掴めたら 西谷不在
澤村は前衛で地上戦(フロアディフェンス)が最も手薄なローテ
全てはブロックにかかっている)

西谷に替わり月島が入ります。

次のサーブは日向。

影山
「・・・日向
位置代われ」

日向
「ホガッ!?」

そして山形がレシーブ。

レフトの牛島 ライトの五色を視界に捉えて集中している月島。

白布
(眼鏡に時間差攻撃は通じない
なら早さで中央突破だ)

東峰
(!ここでドセンターかよ!?)

白布
(優秀なエースは存在自体が優秀な囮!)
「行け太一!!」

川西のアタックに跳ぶ月島。

ケガした右手でワンタッチ。

 

 

~次ページへ続く~

1 2

 - ハイキュー