人気アニメ・漫画の考察やランキングまとめ

ベイビーステップ369話あらすじ・ストーリー紹介【そして決勝へ!】

      2016/10/25


369話ベイビーステップネタバレ369ベイビーステップ確定ベイビーステップ 370話 確定 ネタバレベイビーステップ 369話 確定 ネタバレ

スポンサーリンク

~週間少年マガジン最新刊~
「ベイビーステップ」最新話の369話(#369 対時)のあらすじ・ストーリー紹介を書いています☆

※370話ベイビーステップネタバレ370ベイビーステップ確定

前回 意外とあっさりと(?)門馬に負けてしまった栄一郎。
今回はその続きからとなっています。

※確定ベイビーステップ369ネタバレ確定ベイビーステップ370ネタバレ

ベイビーステップ369話あらすじ・ストーリー紹介

栄一郎と門馬・・・決着!

 

 

栄一郎と門馬の準決勝は6ー0 6ー1で門馬の勝利。

影山
「終わっ・・・
ちゃっ・・・
た・・・」

諭吉
「終盤やっとキープするまで来たのに・・・
間に合いませんでしたね・・・」

栄一郎
(たった1ゲームキープできただけ・・・
自分のテニス(チェンジオブペース)までもっていけないまま完敗・・・)

門馬
(終盤サーブが読まれて厳しい場面もあった・・・
江川のサーブをリターンで崩しただけのことはある)

試合終了後の握手を交わすふたり。

強い力で握手する門馬。

栄一郎
「!」

そして何も言わずにベンチに行く門馬。

栄一郎
(何か・・・
俺に言いたかったのかな?)

栄一郎はベンチに座りノートに書き込みます。

栄一郎
(それより・・・
終盤 3種類のスピン球でやっとキープができた・・・
自分の形に近づきつつはあった

でもブレイクできるほどのインパクトはなかった
結局増やした球種も全部打ちこまれた・・・

だからって更に球種を増やすのは無理だったし・・・
俺はあの時どうすればよかったんだ・・・)

観客
「おっ・・・丸尾が負けた直後なのに勉強し始めたぞ」
「やっぱあいつおもしれえよな・・・」

帰り支度をしていた門馬もその様子をちらっと見ています。

 

bs369-1**出典**http://mangakansou.com/

スポンサーリンク

栄一郎
(どうすればブレイクできたんだろう・・・
・・・いや違う!
ブレイクしようはなかったんだ・・・

全てが足りなかった・・・
テクニック フィジカル・・・
自信のある戦略の数 集中力の持続なんかも全部・・・
じゃあ俺はどうすれば・・・)

そんな栄一郎の前を通りかかる門馬。

栄一郎
(そうだ・・・
門馬さんは日本のテニスのことを考えている人・・・)

そう思った栄一郎は意を決したように門馬に声をかけます。

栄一郎
「も・・・門馬さん!
あの・・・もしよければアドバイスを頂けませんか・・・
何かあれば・・・
お願いします!」

門馬に対しそう言って深々と頭を下げる栄一郎。

門馬
「そうだな・・・
端的に言えば・・・
お前は攻めも守りもせず “逃げ” てる
例えば俺は守る為に攻めてる・・・
池は攻める為に守ってる」

栄一郎
「!」

門馬
「追い詰められてのチェンジオブペースは “攻め” じゃない
スピンで凌ぐのも他に選択しがなきゃ “守り” じゃない

アレじゃ結局
攻めも守りもせず “逃げ” てたようなもんだ」

栄一郎
(・・・あんなに・・・
攻めて守ったつもりだったのに・・・)

門馬
「他の若手の為にも攻守の前にまず立ち向かってくれ」

栄一郎
「は・・・はい!」

門馬
「あとな 明日の決勝戦の前に難波江
神田 荒谷 井出を俺のところに連れてきてくれないか」

栄一郎
「え・・・?」

門馬
「急だし来れる奴だけでいい」

栄一郎
「あ・・・はい わかりました
ありがとうございました!」

コートを去っていく門馬に再度深く頭を下げる栄一郎。

栄一郎もコートを出ます。

するとそこには難波江と高木が。

難波江
「やあ
おつかれ」

栄一郎
「あ・・・難波江くん
み・・・観ててくれてたの・・・?
試合の方は?」

難波江
「6ー4 6ー4で負けちゃった・・・
1度もブレイクできずに
丸尾くんも残念だったね」

栄一郎
「うん・・・
俺なんて1回しかキープできなかったよ
不戦勝で時間の余裕あったし万全に準備して臨んだのに全てが足りなかった

もう全部根本からやり直しだよ・・・
心技体 全部」

難波江
「それは僕もだよ」

栄一郎
「でもそれがプロになる前にわかってよかったのかな・・・」

難波江
「お互いそう言えるようにならないとね」

栄一郎
「そうだ!さっき門馬さんが明日
皆に集まってほしいって言ってたよ」

難波江
「え・・・なんだろ?」

栄一郎
「荒谷くんと井出くんと神田くんも
連絡先知ってる?」

難波江
「井出は知ってるけど神田は知らないな・・・
高木知ってる?」

高木
「俺が知るわけねーだろ・・・」

栄一郎
「あ じゃあ荒谷くんに言っておくよ」

難波江
「なら丸尾くんの連絡先も教えてよ」

栄一郎
「うん いいよ」

難波江
「プロになったらこういう繋がりが絶対必要になって来るからね」

栄一郎
「確かにそうだね」

そこにナツ達がやってきます。

ナツ
「エーちゃーん」

影山
「残念だったなー
エーちゃん!」

ナツ
「でも全日本選手権ベスト4おめでとう!」

青井
「ほら
身体が冷えないうちに着替えろよ
それと早速だがちょっと大事な打ち合わせだ」

栄一郎
「大事な・・・
打ち合わせ?」

 

 

大事な打ち合わせの内容とは?

~続きは次ページ~

 

スポンサーリンク

1 2

 - Baby steps