人気アニメ・漫画の考察やランキングまとめ

ハイキュー184話あらすじ・ストーリー紹介【怪我を押しての月島登場】

      2016/10/25

スポンサーリンク

~週間少年ジャンプ最新刊~
「ハイキュー」最新話の184話(はじめての感情)あらすじ・ストーリー紹介を書いています☆

怪我をしていながらも”最後まで戦ってみたい”と感じている熱い月島に注目です♪

ハイキュー!!184話あらすじ・ストーリー紹介

話は少し遡り月島が救護室へ行った時のこと

 

月島
(あー痛い
ホント最悪)

 

治療を受ける月島の頭の中には今までの練習の色んな場面が思い浮かんでいました。

その様子を見た潔子。

潔子
(冷静・・・というか “集中” だ
今の戦況がどうかじゃなく多分・・・
戻った時 自分が何をするか考えてる)

スポンサーリンク

戻ってきた月島

 

山口
「ツッキー!!」

観客
「烏野の眼鏡戻って来た!」

ローテーションが回って山形に替わり天童。

サーブの川西に替わり湯野浜。

烏養
「つきし・・・」

要点を素早く伝える月島。

月島
「出血は止まりました
脱臼したところはガチガチに固定しました
小指なのでプレーへの影響は最少です」

潔子の顔を見る烏養。

潔子
「・・・大体そんな感じです」

烏養
(まさか月島に試合出たいアピールをされる日が来るとは)

田中姉
「蛍は大丈夫!?」

谷地
「えっと・・・
傷めたのは小指で
それを薬指に固定して試合は続行するみたいです
でも多分・・・
痛いのは何も収まってないです」

烏養
「澤村 前な」

日向
「時間は稼いだぜ・・・
と言いたいがどっちかって言うと山口の方が稼いだ」

月島
「正直にどうも」

白鳥沢応援席からあと1点コールが鳴り響きます。

田中と西谷に言う澤村。

澤村
「多分ジャンプフローターが来る
守備少し前出るぞ」

(ここを切れば次は旭のサーブのターンだ)

ジャンプフローターサーブを打つ湯野浜。

それを完璧にレシーブする澤村。

澤村「シャアアッ」

大平
(あの男が居なければ烏野の守備はもっと穴だらけなのに)

トスに跳んだ影山はツーアタックを打ちます。

天童が反応して指先で触りますが返せず烏野の得点へ。

観客
「やっ・・・やりやがった
ここでツー!!」

天童
「ア”ア”ッ」

影山
(読まれた・・・!)

再びデュース。

ドキドキしているモミアゲのおっさん。

モミアゲのおっさん
「よおおし!
よおおし!!
寿命縮まんだよクソがあああ!!」

ここで成田に替わって月島が入ります。

成田
「頼むぞ月島!」

ペコっと少し頭を下げる月島。

ベンチに戻った成田は大きくため息をつきます。

成田
「ハァァー・・・」

烏養
「よくやった
この場面で普段通りを発揮するなんて大したモンだぜ」

成田
「・・・ハイ!」

牛島が月島に大丈夫か?のジェスチャー。
うなずく月島。

月島に駆け寄る選手たち。

田中
「月島ァ!
ヒーローみてえな登場じゃねーかコノヤロー!!」

月島
「あの・・・
3枚ブロックの時なんですが・・・」

田中
「冷静かよ」

田中姉
「・・・よしっ
飛雄も蛍も戻った・・・!
さあ反撃開始だよ!!」

澤村
「ここ踏ん張んぞ!!」

一同
「オオ!!」

影山に言う月島。

月島
「まさか無いと思うけど遠慮とか要らないから」

影山
「無いと思うなら言うんじゃねえ
無えよ」

烏野応援席
「劣勢で終盤のサーブってホント嫌だわ〜」
「入れてくれ〜ここでミスは勘弁だぞ〜」

 

→そして次ページでは月島がついに試合出場!

 

~続きは次ページ~

1 2

 - ハイキュー