人気アニメ・漫画の考察やランキングまとめ

ハイキュー!!181話あらすじ・ストーリー紹介【日向のブロックが流れを変える】

      2016/10/25

スポンサーリンク

~週間少年ジャンプ最新刊~
「ハイキュー!!」最新話の181話(殴り合い第2ラウンド)あらすじ・ストーリー紹介を書いています☆

 

試合でも応援でも白鳥沢に押されぎみの烏野。

はたして烏野は白鳥沢に逆転することができるのでしょうか?

終盤での日向の懇親のブロックで一気に試合の流れが変わっていきそうな展開です。

 

ハイキュー!!181話あらすじ・ストーリー紹介

 

影山からのトスを真下アタックした日向。
「オアアア!!」

舌打ちする天童。

滝ノ上
「5番が目の前に居んのに真下打ちやんのかよ!!」

以前の嶋田の言葉を思い出した田中姉。

「ああ」

嶋田
「今は烏野のサーブだから白鳥沢は攻撃の態勢をとってた
でも影山の強烈なサーブで烏野のチャンスボール
白鳥沢は即座に攻撃からブロックの態勢へ移る
当然ブロックの態勢は整っていないわけでその一瞬の隙を突いたと
・・・態勢が整ってないのはこっちも同じだったわけだけどな」

観客
「烏野のあいつら1年だよな!?
すげえ絶妙なタイミングの攻撃するなー!」

「昔からコンビ組んでんだろな」

日向を睨むような目で見ている影山はドキドキしていました。

(コイツ!!
俺はいつもの速攻で十分奇襲になると思ってたのに今回はわざと突っ込んできやがった!!
危ねえだろうが!!)

声を出す菅原達
「行け行け行けェー!!」

白鳥沢の応援席も熱が入ります。

「オラ声足んねーぞォー!!」

「オオーッ」

スポンサーリンク

次のサーブも影山 またも強烈なサーブ。

飛び込みながら上げる五色。

菅原
「いいサーブ!!」

乱れた為 アンダーでトスを上げる白布。

「牛島さん!」

 

3枚ブロックを打ち抜く牛島。

ここで白鳥沢の得点が2桁に。

滝ノ上
「頼む・・・!
ブレイクしてくれ・・・!!」

サーブは天童 山形に替わって川西が入ります。

天童の緩いサーブは田中がレシーブ。

澤村がアタック レシーブの天童の腕を弾いて決まります。

天童
「ケッ」

 

次の攻撃は日向のブロックをすり抜け川西が決めます。

日向
「くっそ!」

白布とタッチする川西。

嶋田
「終盤になっても上手いことMB(真ん中)織り交ぜてきやがるな・・・!」

サーブの白布に替わって瀬見が入ります。

菅原
(サーブ強烈だぞ・・・!
1本で切ってくれ・・・!)

烏養
(更に牛島前衛・セッターは後衛で白鳥沢の攻撃力が上がるパターン・・・
勝負だぞ・・・!)

瀬見
(俺の何が白布に劣っているのか分かっている
自分の力でブロックを振り切りたい 自分の力を誇示したいという欲求が強いこと
それが今の白鳥沢のセッターに不要だとわかっていても止められないんだ
でもこれ(サーブ)は
これだけは自由)

 

瀬見の強烈なサーブはラインギリギリに決まります。

盛り上げる天童。

天童
「・・・ノータッチエーッス!!」

瀬見
「シャアアアアア」

ここで2回目のタイムアウトをとる烏野。

 

嶋田や滝ノ上をはじめ 烏野を応援している人達の表情が曇っています。

田中姉
「黙るなーッ!!こういう時こそ応援でしょうがっ」

 

続きは次ページ

1 2

 - ハイキュー