人気アニメ・漫画の考察やランキングまとめ

トリコ344話あらすじ・ストーリー紹介【一龍復活に動くドンスライム】2015年48号

      2016/10/26

スポンサーリンク

~週間少年ジャンプ最新刊2015年48号~
「トリコ」最新話の第344話のあらすじ・ストーリー紹介を書いています☆

 

前回ドンスライムが”一龍の復活”を宣言。今回は主にその続きとなっています。
ちなみに下の画像は、今回の話で出てきた一龍の画像です。

トリコ 344-9.jpg**出典**http://jump-netabare.up.n.seesaa.net/jump-netabare/image/E38388E383AAE382B320344-9.jpg?d=a1

トリコ344話あらすじ・ストーリー紹介

ドンスライム
「フルコースの調理を完成させ
一龍を復活させる!!」

一同
「な なにぃ !?
一竜会長を!?
フルコースで!?
どういう意味だ!?」

ユダ
「アカシアのフルコースが
この国にあるのか!?」

ドンスライム
「ない」

ユダ
「なっ!?」

一同
「何ぃいいいい!!
無いのかよ!!」

のの
「なんなの あの人 」

ドンスライム
「アサルディー!!
”裏のチャンネル”だ!!」

アサルディー
「ちっ まだ戦いの途中だってのに
これは体力がいるのにな」

そう言いながら手を広げるアサルディー。

コンドルのワープキッチンと同じように掌に空間を創ります。

一同
「!!」

ドンスライム
「よし!!行くぞ
ここから行くんじゃ」

 

シェルマウンテン山頂~常しえの厨房~

目隠しと手縄をさせられた人々が行列を作りながら歩いています。
それを誘導している仮面の男(モブ)

仮面の男
「遅れるな!!止まらず進め!!
調理も最終段階だ!!
究極の調理に参加できるんだ!!
誇りに思え!!」

目隠しされている人々が向かう先は食霊の炎が燃え盛る鍋の中。

ですが、それを人々は知りません。
その行列の中にチャコもいました。

チャコ
「お母さん どこ?
僕 国のプロジェクトに
参加できるんだよ
ねぇ お母さん」

シェルマウンテンへ向かう列車
”グリルトレイン”
別名”ハデスの列車”

スポンサーリンク

小松はスラムにいたチャコの知り合いのおじさんと一緒にこの列車に乗っていました。

列車には小松とおじさんのみ。

おじさん
「本当にいいのか?
小松くん」

小松
「えっ?」

おじさん
「この列車は片道切符
帰りは別の魂に
成ってるかもしれないぞ」

小松
「僕 一度死んでるんです
ここに来る前に別の大陸で
だから怖いものなんか」

おじさん
「怖いものがないって?へへ
本当の恐怖は”死”じゃないぞ
窓の外の島にバーがあるだろ?
あれを見てみな」

そう言われ窓から外を見る小松。

小さな小屋のバーの中では仮面を付けた格好が汚れている男達が酒を飲んで酔っている様子。

おっさん
「”魂の取引”で
彼らは何度も蘇えさせられた
そして強制労働を強いられた
者達の末路だ
彼らがはスラムの住人
永遠と言う時間をもてあまし
堕落する日々を送っている
それこそがこの文明の闇
まあ ワシもそう変わらんが」

小松は妖食界の皆を思い出します。

小松
「スラム生まれだろうと
仮面があろうと
見た目がとか関係ありませんよ
お化けみたいな見た目でも
下を向かず強く生きている
文明もありますよ」

小松を見つめるおじさん。

おじさんのケガに
小松は気付いていました。

小松
「チャコが連れて
行かれそうになった時
おじさんは止めようとして
怪我をしたんですよね?
なにも希望が無い人が
そんな事はしません
この国の抱える問題は
別の所にあるんです
それにこの前のお話で
この国のプロジェクトの事も
分かりました
間違いありません!
アカシアのフルコースの
再生と調理!!
まさかエリア6で
それが行われてるなんて」

小松は目をランランと輝かせています。

小松
「皆 それぞれの目的を達成できますね!!
あー ドキドキしてきたなー!!
あ 見えてきましたよ!
”常しえの厨房”がある
シェルマウンテンが!!」

そして電車はシェルマウンテンへ。

 

シェルマウンテン

閻魔大王イカの娘”メイル”が
フルコースを調理していました。

鍋をかきまぜているメイル。

メイル
「キッショ!!
キショすぎて体力奪われるわー
つーかマジキショい!!
もう無理だし!!
なんで世界のフルコースのなのに
こんなキショい食材なんだよ!!
マジ超キショすぎでしょ!」
他の仮面スタッフに怒鳴るメイル。

メイル
「ねぇ!!
こんなキショい時に
十貝は何してんの!?」

スタッフ
「はい メイル様!
スタジアムでのクッキングショーで
手が離せないとのことです!!」

メイル
「キッショ!!
何それ!? キショ過ぎでしょ!!
さっさと呼んで来てよ!!
キッショ!!
どうせドンスライムのせいだ!!
あいつキショすぎんだ!!
ねぇ!!ちょっと!!
肥料を入れ続けなさいよ!!」

鍋を覗き込むメイル。

メイル
「”GOD”の肉片が
生命を求めるわね」

 

続きは次ページ

1 2

 - トリコ