人気アニメ・漫画の考察やランキングまとめ

【君に届け】最新104話のあらすじ・ストーリー紹介

      2016/10/26

~別冊マーガレット(別マ)の最新刊2015年11月号に収録~

【君に届け】最新話の第104話あらすじ・ストーリー紹介を書いています☆

スポンサーリンク

君に届け104話のあらすじ・ストーリー紹介


~夏休み~

 

爽子と風早が喧嘩したまま夏休みに突入してしまいました。
本当はお互い連絡を取りたいけど なかなか行動に移せないふたり。

爽子&風早
(この間の話も終わってないし・・・
怒ってるかな?)

ふたりはお互いに同じ悩みを抱えていました。

爽子&風早
(やっぱりこのままじゃダメだ!!)

そして早風から爽子に着信があります。
慌てて電話に出ようとする爽子でしたが 間違えて切ってしまいます。
それを着信拒否されたと勘違いしてしまう風早。

風早
(着拒!?)

風早はショックで青ざめます。
その時 タイミング悪く風早のお父さんが部屋に入ってきます。

風早
「勝手に入ってくるなよ!」

風早父
「やましい人間の言い草だ
どうせ勉強するふりして
女とこそこそしてるんだろう?」

風早
「・・・」

そこへまたまたタイミング悪く爽子から折り返しの電話がきてしまいます。

風早父
「出るがいい!」

悩みつつも電話に出る風早ですが 父がいる手前 一方的に切り上げて電話を切ってしまいます。

風早
「ごめん!今ちょっと無理!!
改めて連絡するから!!」

そのことにショックを受け爽子は半泣き状態。
電話したことを後悔してしまいます。

爽子
(失敗した・・・あ~)

スポンサーリンク


~翌日~塾で爽子とあやね~

 

あやね
「まだ仲直りしてないの?」

爽子
「・・・」

あやね
「でもケンカしてからの方が
暗くないよね 爽子」

あやねにそう言われて驚く爽子。

(それは きっと
これを言ったら嫌われるんじゃないかとか
そういう事を考えずにすむ環境を
みんなが与えてくれたからで
・・・じっと見つめられても敵意じゃないって信頼してるから
見つめ返せるわけで)

そして あやねの携帯に千鶴から電話が入ります。

千鶴
「もしかして爽子は あたしと風早の
仲疑ってるんじゃない?!
あたしのせいで喧嘩したのかな?」

あやね
「かもね~~!」

そう言ってあやねは電話を切ります。

その時 背後からくるみが現れます。

くるみ
「間が悪いか~
神様が試してたりして~
2人の愛を!!」

突然のくるみの登場に驚く爽子。

くるみが爽子と風早が
喧嘩していると聞いて一言。

くるみ
「ケンカとか出来る仲なんだ・・・」

 


~塾の帰り道~

 

くるみが爽子に少し照れながら聞きます。

くるみ
「勉強の合宿いつやるの?」

あやね
「仲が良いね」

くるみ
「そんなんじゃないし
私が一方的に爽子ちゃんを
喰い物にしているだけだからね」

照れながら言い訳するくるみ。

あやね
「うんうん そうだね~」

背後から爽子が慌てて言います。

爽子
「もちつもたれつなんだからね!
そんな風に思ってないし
思われたんじゃ困るよ!!」

照れつつも怒る爽子。

くるみ
「じょ じょ~だんよ!!」

あやね
「風早とケンカしてから
ケンカっ早くなったんじゃない?爽子
っていうか 言いたい放題~
言いたいこと言ってるの良いと思うよ」

その後 あやねと途中で別れ
ホームで電車を待つ爽子とくるみ。

くるみが爽子の顔をじっと見ます。

くるみ
「チャンス!!」

爽子
「!?」

くるみ
「冗談だよ
ここで別れるくらいなら
遅かれ早かれ別れるよ
今のうちに別れちゃいなよ!」

爽子
「わ 別れない!!」

爽子
(私って 本当にケンカっ早い~
風早くんを好きだったくるみちゃんに
無神経なこと言ってしまった・・・)

一人反省する爽子。

くるみ
「風早には 嫌われないようにって
言葉選んでたけど
爽子ちゃんにはケンカ売れるよ」

爽子
「ケンカ買うよ!どんときて!!」

くるみ
「人に甘えるなんて
今まで考えられなかったけど・・・
合宿よろしくね・・・」

爽子に照れながらも本音を言うくるみ。

くるみと別れた後 爽子はメールを風早に打とうとします。

爽子
(くるみちゃんと合宿することなった
何か良い感じになったよ
・・・早く伝えたい!!)

途中までメールを作る爽子ですが ふと思いとどまります。

爽子
(私 ケンカしたまま・・・
言いたい事も言えないとか・・・
聞きたいことも聞けないとか・・・
嫌だよ~・・・
・・・私も今まで風早くんに何も聞かなかった・・・
聞いたら きっと答えてくれるんじゃないかな・・・?)

考えた末 爽子は一言だけメールを打ちます。

爽子メール
「あいたい」

そのメールを風早に送信する爽子。

爽子
(風早くんが「ちゃんとすきだよ」って私を安心させてくれるから
私 自分の気持ち言えるようになった
あの時ケンカになっちゃったけど
ちゃんと 目が合ってた
あの時ケンカになったけど
ちゃんと目が合ってた!大丈夫!!)

そして爽子は風早の自宅へ向かって走ります。

 


~風早家~

 

風早のお母さんが夏バテでしんどそうにしているのを心配する風早。
そんな風早にお父さんが言います。

風早父
「油売ってないで勉強しろ!
母さんを心配してるとでも言うのか?
心配無用だ!俺がいる!!」

風早
「話を聞けよ!
何で勝手に決めつけるんだ!!
俺にだって考えは・・・」

言いかけて風早はふと爽子の言葉を思い出します。

『私にだって私の気持ちはあるよ
どうして決めつけるの!?』

思い出し 自分を責める風早。

風早
「さ さいあくだ!!
俺 親父似だ!!」

風早父
「俺とお前を一緒にするな!!」

風早母
「やだ~お母さん
可愛い娘が欲しかった
何でうちはこんなばっかり・・・」

嘘泣きをする風早のお母さん。

風早
「一旦保留!!」

そう言って風早は外に飛び出します。

 


~外で~

外に出た風早の元へちょうど爽子が来ます。

爽子
「来ちゃった!!」

風早
「!?」

爽子
「風早くん自分のこと
話してくれないって
言ったけど・・・
私もそうだった
私 喋ってなかった!!
考えさせてほしいの!
本当に行きたかったら
教育大行くから!
でも離れたくない気持ちも
否定しないでほしい・・・
別れるなんて思ってないよ
思いたくないんだよ!!」

風早
「うん!!」

そう迷わず答える風早。
そして自分の気持ちを正直に伝えられたことで少し安心する爽子。

爽子
「言えた・・・私 風早くんに
もうちゃんと甘えてるんだね・・・」

風早
「うん ごめん ごめんな」

風早は泣いている爽子をしっかりと抱きしめます。

 

~君に届け105話に続く~

 

君に届け104話感想と次回105話の予想

お互いタイミングが悪くすれ違いながらも 最後はお互いの気持ちが通じ合えて本当に良かったですね♪このままふたりには幸せになってほしいです。それと風早にはお父さんの理解を得られながらしっかりと結果に出せることを祈ってます。

次回2016年1月号105話では また新たな展開になっていきそうなので楽しみです♪

 - 君に届け