人気アニメ・漫画の考察やランキングまとめ

ブリーチ最新646話あらすじ・ストーリー紹介

      2016/10/26

スポンサーリンク

~週間少年ジャンプの最新刊2015年46号収録~

「ブリーチ」最新話の第646話のあらすじ・ストーリー紹介を書いています☆

 

BLEACH646話(The Second Eye)のあらすじ・ストーリー紹介

七緒が皆の元へ戻ってくると聞いた平子。
「よっしゃ!ほな放っといていこか!」

雛森「そうです!ここは京楽隊長を助けにみんなで…ええッ!?ちょっ・・・ちょっと待って下さい隊長!!
ほんとに京楽隊長の援護に向かわないんですか!?」

平子「なんで行かなあかんねん 一刻を争う状況やねんぞ」

雛森「そ・・・それはそうですけど!」

平子「ほな訊くわ 七緒ちゃんはどう思う?」

七緒「私は戻ります 皆さんは先へ」

平子「せやな、ほなもう1つ 浮竹がここにおったらどう言うたと思う?」

皆の頭の中に浮かぶ浮竹の姿。

「京楽がそう言うなら大丈夫だ 任せて行こう」

平子「それが正解や わかったら行くで・・・
あァ・・・ほんで正解ついでにもう1つ
残ったんが元柳斎のジイさんでもやっぱり先行け言うたやろな
隊士の命を背負って立つんが総隊長のお仕事や」

 

*スポンサーリンク

 


~京楽とリジェ~

リジェ「不用意だな、至近なら剣の間合いだと思ったか?」

京楽「思ったよ だからもう斬られてるだろ?」

リジェの銃が地面に落ちます。

京楽「腕ごと斬ったつもりだったんだがね どうも踏み込みが甘かったらしい」

間合いをとるリジェ。銃は直っています。

京楽「へぇ」

リジェ「 “ディアグラム” この銃は僕の弓だ 僕が霊子から造り出している」

京楽「成程 だから銃身を折っても戦えるし壊れても造り変えられると…だけど キミもうルールを忘れてる」

いつの間にかリジェの背後にいる京楽。
京楽はリジェに斬り掛かります。それをなんとかかわすリジェ。

京楽「一瞬でもボクから目を離し、影の端でも目に入ったら その後その目に映るのは全てボクの影法師さ
思い出すだろ? 子供の頃・・・どこまでもついてくる影法師が怖くて仕方が無かったことを」

幾つもの姿に見える京楽。


**出典**http://mangakansou.com/wp-content/uploads/2015/10/bl646-2.jpeg

 

そんな京楽の刀が背後からリジェの胸を貫きます。

リジェ「・・・ああ、しまった 3度目だ」

京楽「!?」

リジェ「僕は両眼を開いている間だけ 万物貫通(ジ・イクサクシス)の真髄を行使できる
つまり僕の銃撃はお前の体を貫き、僕の体はお前の剣を貫く」

京楽「成程 両眼を開くとこっちの理屈は通じなくなると」

リジェ「そうだ、この瞬間この世界に僕を◯せる武器は無い
僕は戦闘で危機に陥ったごく短い瞬間だけ両眼を開く事が許されている
僕が両眼を開いたままでは罪人共に不公平だからだ」

京楽「あ、そうなの んじゃあ早く眼を閉じてくんないかな」

リジェ「だが1度の戦闘で3度眼を開いた場合のみ 以降眼を開いたまま戦う事が認められている
僕は陛下が最後に力をお与えになった滅却師 陛下の最高傑作 最も神に近い男
その僕が3度も眼を開かされる事などあってはならない事だからだ」

そしてリジェは光を放ち完聖体になります。

リジェ「神の裁き(ジリエル)」

京楽(動けない・・・)

リジェの矢が京楽を襲います。

 


**出典**http://mangakansou.com/wp-content/uploads/2015/10/bl646-5.jpeg

 

~次号BLEACH647話へ続く~

 

BLEACH646話感想と次回647話の予想

京楽優勢かと思いきや、だんだん雲行きが怪しくなってきました・・・。
ユーハバッハが最後に力を与えた滅却師だったリジェ。
果たしてこの後どうなるんでしょうか。

個人的には、なんだかんだいって最後の最後は京楽が勝つと信じてます!
週間少年ジャンプ2015年47号に収録されるBLEACH647話も楽しみです♪

 

*スポンサーリンク

 - BLEACH