人気アニメ・漫画の考察やランキングまとめ

【思い、思われ、ふり、ふられ】あらすじと主な登場人物まとめ 

      2016/10/26

スポンサーリンク

 


別冊マーガレット(別マ)で大人気連載中の「思い、思われ、ふり、ふられ」
そのあらすじと主要な人物をまとめました☆

咲坂伊緒先生のインタビュー特集はこちら

思い、思われ、ふり、ふられ 主な登場人物

市原由奈(いちはらゆな) ※画像前列左

恋に夢見がちで自分からは動かないタイプ。
朱里の弟である理央に恋をし、ついに5話で告白。
スポンサーリンク

山本朱里(やまもとあかり) ※画像前列右

恋愛に積極的で現実的。彼氏がいたが、3話で別れたことを由奈に報告。
自分の思ったことをはっきりと口にするタイプだが、別れた後にひとり保健室で泣いているなどいじらしい一面もある。
和臣のことをいいなと思っている部分があるので今後恋愛に発展する可能性あり。

 

山本理央(やまもとりお) ※画像後列右

朱里の双子の弟。由奈の初恋相手の絵本にでてくる王子に似ている。ちなみに初登場のとき最初に発した言葉は「ウンコ」。
女子にモテる。メンクイ。
朱里とは実は血の繋がらない姉弟。朱里のことがずっと好きだったが、両親の再婚により朱里への気持ちを封印している。

 

乾 和臣(いぬいかずおみ) ※画像後列左

由奈の幼馴染み。恋愛に興味は芽生えていない。

 

思い、思われ、ふり、ふられのあらすじ・ストーリー紹介

●正反対の性格の由奈と朱里は、ひょんなきっかけで友達になりました!二人は同じマンションに住んでます。
●初恋の絵本の王子と似た人(理央)に出会った由奈。出会いは最悪。でも入学した高校で再会して舞い上がります。
●部屋にいるとき、由奈の幼なじみ・和臣が訪ねてきました。幼なじみなんて物語みたいな恋を夢みる由奈にぴったりでは? と思う朱里ですが、ふたりは意識してない様子。
●由奈は理央にドキドキするが、恋じゃないと否定する。相手を知らない朱里だが、恋してるようにしかみえない。
●朱里のことで理央に話しかけられて、朱里の彼氏は理央だと思った由奈。恋しなくてよかった胸をなでおろす。
●後ほど、実は理央は朱里の弟だと判明しました!再び舞い上がる由奈でしたが・・・。

1話のあらすじを読む

スポンサーリンク

 - 思い、思われ、ふり、ふられ